ブログ

01日 2018年 02月

あのトランプ大統領に認知症疑惑?

アメリカのトランプ大統領といえば、大統領になる前から暴言王として知られていた人物です。
アメリカではその名前は早くから轟いていたようで、その毒舌ぶりでテレビでもコメンテーターとして人気を集めていました。
そんな人が大統領になったのですから、ある程度の暴言は織り込み済みということで良いと思いますが、
ここに来てその切れ味が鋭すぎるためアメリカ国内では「認知症の検査をした方が良い」
という話がまことしやかに語られるようになっています。
ここ最近の暴言や政策を見ていると、長年の火種となっていたエルサレムをイスラエルの首都として認めたり、
中南米やアフリカのことを「便所のような国」と言ったとか言わないとか。
さすがにここまでくると失言ではなく、本当にそういう考えが頭の中にあるから出てくる言葉だということなのでしょう。
しかし、政治家には言って良いことと悪いことがある、
それを判別できないのだから認知症ではないか・・・というわけです。
暴露本の中でも政治家としての資質に触れるような記述があるので、
本人が「私は賢い」とツイッターで応戦したばかりです。
まるでプロレスを見ているかのような面白いストーリーですが、トランプ大統領が他でもなく世界の覇権国家、
アメリカの最高責任者であることが問題を大きくしています。
トランプ大統領が認知症なのかどうかは、日本から映像を見ているだけでは判断できません。
本人はもちろん否定していますが、すでに70 歳を超える高齢であることを考えると、
認知症リスクは高いと言って良いでしょう。
話の展開によっては認知症検査を受けて、その診断結果によっては
トランプ政権そのものが不透明になることが考えられます。
良い意味でも悪い意味でも、トランプ大統領への注目は、これからも集まることになりそうです。
しかしこの問題は、一般の人にも共通しています。
周りから認知症ではないかと言われた人が簡単にそれを認めるとは考えにくく、
検査を渋っているうちに症状が進行するというのは、とてもよくあるパターンです。
一定の年齢になったら定期的に検査を義務付けるなどの方法を採るべきだという意見が、
いよいよ現実的なものになるのかも知れません。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容は コチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査は コチラ>>>