ブログ

03日 2017年 07月

VR(仮想現実)で認知症を疑似体験

テクノロジーの進化により、あらゆるものを疑似体験できる世の中になりました。

特に最近ではVR(仮想現実)の進化が著しく、

専用のゴーグルをつけることでまるでその世界に飛び込んだような体験をすることができます。

このVRはゲームなどエンターテイメント分野での利用ばかりが目立っていますが、

実は他の分野でも活用が進んでいます。

その中でも北村クリニックとして注目したいのは、認知症の疑似体験です。

認知症については決定的な治療法が確立されておらず、

しかもそれまでの人格とは別物になってしまったような症状になることもあるため、

「自分は絶対になりたくない」と思う病気の筆頭格です。

だからこそ脳ドックなど予防医療への関心が高まっているというのも、無関係ではありません。

これだけ関心が高い病気でありながら、私たちは認知症になった本人の立場になって

物事を考える機会は意外に少ないのではないでしょうか。

VRによる認知症の疑似体験は、こうした理解不足や、そこから生まれる偏見などを解消するために開発されました。

以前から認知症になったイメージを「体験」できる試みはあったのですが、

近年のVRの進化は目覚ましく、そこから生まれる疑似体験のクオリティは劇的に進歩しています。

VRだからこそ、これまでイメージできなかった認知症についてよりリアルに感じられるようになった、という声も多く聞かれます。
認知症になりたくない、という多くの人が持っている不安や意識については、これからも持っておくべきものです。

それに加えて、認知症になった人への理解はもっと深まるべきだと考えるので、こうした取り組みは意欲的だと思います。

好きで認知症になった人は誰もいないので、そんな人が少しでも暮らしやすい社会を作っていくことも、

私たち医業に携わる者に与えられた使命だと感じます。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>